Palmsonntagmorgen

NGSデータを使った解析と、その周辺。

Linux

SAMtoolsワンライナー覚書

順次追加するかも。versionは1.5です。 .sort.bam はソート済BAMを表します。 SAM -> BAM 変換 $ samtools view -bS sample.sam > sample.bam BAM -> SAM 変換 $ samtools view sample.bam > sample.sam BAMをソート $ samtools sort sample.bam > sample.so…

環境変数PATHの通し方

同内容の記事はたくさんありますが、やはり避けては通れないので… 環境変数PATHとは githubなどからツールを新たにダウンロードした場合、その実行ファイルを起動するには実行ファイルのありかを直接指定する必要があります。 $ ./bowtie2-2.2.9/bowtie2 の…

バイオインフォマティクスのためのpython環境構築方法を考える (10/13追記あり)

先日、以下の記事でLinux上でのpython環境構築にはpyenvが良いと書いたのですが、 pyenvでPython環境を構築する - Palmsonntagmorgen 少し気が変わってきました。 以下、現状の考えをまとめます。 私もPythonにはそこまで詳しくないので、良い方法をご存じの…

Readをゲノムにマッピング (その3) 圧縮ファイルを入力にする方法

マッピングの記事その3。 Readをゲノムにマッピング (その1) - Palmsonntagmorgen Readをゲノムにマッピング (その2) - Palmsonntagmorgen 圧縮ファイル(fastq.gz)を直接マッピングの入力にする方法です。 圧縮ファイルのままマッピングしたい fastqファ…

Readをゲノムにマッピング (その2)

前回の続きです。 Readをゲノムにマッピング (その1) - Palmsonntagmorgen 今回ではbowtie, bowtie2, bwaのマッピングコマンドを説明します。 どのマッピングツールも、ゲノム配列をindex配列にまず変換し、そのindexに対してマッピングするという手順を踏…

Readをゲノムにマッピング (その1)

NGS解析の最初のステップは、シーケンサから出力されたfastq形式のリード配列をゲノム配列にマップするマッピングです。 これにより、ゲノム上のどの領域から得られたリードなのかを知ることができます。 マッピングツール ChIP-seq解析で主に用いられるマッ…

pyenvでPython環境を構築する

ざっくりですが。 Pythonツールのインストール 最近はPythonで書かれたツール類が増えてきています。 pip や conda でツールをインストールできるのはエラーも少なく、大変便利ですね。 ただ、pythonは2系と3系があり、python2.xでしか動かないツール、pytho…

ENA,DDBJからfastqを取得する

前回のエントリでは、SRAからfastqを取得する方法を紹介しました。 SRAからfastqを取得する - Palmsonntagmorgen 一方、ENA (European Nucleotide Archive) やDDBJから直接fastqファイルをダウンロードすることも可能です。 European Nucleotide Archive < E…

2bit genome を作成する

2bit genome はゲノム配列ファイルを2bit 形式で格納したものです。 2bit 形式はテキストエディタで開くことはできませんが、multifasta 形式よりも非常に高速にプログラムに読みこむことができるため、 ゲノム解析ツールを使う際にまれに 2bit genomeを要求…

常染色体と性染色体のみのゲノム配列ファイル genome.fa を作成する

UCSC genome browserからダウンロードした ゲノム配列データにはコンティグ配列なども含まれていますが、これらは通常ゲノムの解析には用いません。 そこでこれらを除去し、常染色体と性染色体のみのゲノム配列ファイル genome.fa を作成します。 ここではhg…