Palmsonntagmorgen

NGSデータを使った解析と、その周辺。

NGS

Readをゲノムにマッピング (その2)

前回の続きです。 Readをゲノムにマッピング (その1) - Palmsonntagmorgen 今回ではbowtie, bowtie2, bwaのマッピングコマンドを説明します。 どのマッピングツールも、ゲノム配列をindex配列にまず変換し、そのindexに対してマッピングするという手順を踏…

Readをゲノムにマッピング (その1)

NGS解析の最初のステップは、シーケンサから出力されたfastq形式のリード配列をゲノム配列にマップするマッピングです。 これにより、ゲノム上のどの領域から得られたリードなのかを知ることができます。 マッピングツール ChIP-seq解析で用いられるマッピン…

ENA,DDBJからfastqを取得する

前回のエントリでは、SRAからfastqを取得する方法を紹介しました。 SRAからfastqを取得する - Palmsonntagmorgen 一方、ENA (European Nucleotide Archive) やDDBJから直接fastqファイルをダウンロードすることも可能です。 European Nucleotide Archive < E…

genome tableを作成する

genome table はゲノム中に存在する各染色体の名前とその長さをタブ区切りで記述したファイルで、DROMPA や bedtools などの解析ツールを使う時に必要になります。 UCSC genome browserの *.chrom.sizes ファイルをダウンロードしてもいいのですが、自分で自…